ytodaのブログ

おもに技術ネタ

SATA-USB変換ケーブルでHDDからデータを吸い出す

SATA-USB変換ケーブルを使ってHDDからデータを吸い出しました。

HDDはWestern DigitalのWD2500JS-00NCB1です。

SATA-USB変換ケーブルはInateckのUA2001を使用しましたが、HDDの電源を入れても途中でカコンと音が鳴ってPCと接続しても認識できませんでした。

UA2001に付属のACアダプタの出力電流は12V/2.0AでWD2500JSの入力電流は12V/0.90A、5V/0.92Aなのでギリギリです。

出力電流が12V/2.0A、5V/2.0AのタイムリーのUD-505SAを使ったら問題なく認識できました。

InateckのUA2001では電流が足りなかったようです。

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA